ランキング 少年 ショタ ブリーフ 下着 体操服

18歳以上です18歳未満なので退場します
■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

大和くん、可愛い!

1 :禁断の名無しさん : 2016/06/03(金) 14:33:23 ID:cbXJXiiQ0
無事発見されました


2 :禁断の名無しさん : 2016/06/03(金) 15:10:10 ID:cbXJXiiQ0
北海道七飯町の山林で行方不明となっていた小学生とみられる男の子が、3日朝、隣の鹿部町で6日ぶりに見つかり、
無事、保護されました。男の子に目立ったけがはなく、警察に対して名前を名乗っているということです。
先月(5月)28日、北海道七飯町の山林で北斗市の小学2年生、田野岡大和くん(7)が
両親が「しつけのため」として置き去りにしたあと行方が分からなくなりました。
警察や自衛隊が周辺を捜していましたが、3日午前8時前、行方不明となった場所から北におよそ4キロ離れた
隣の鹿部町にある自衛隊の駒ヶ岳演習場で、自衛隊員が男の子を発見しました。
発見された時、男の子は演習場で隊員が体を休めるための施設の中にいて、
自衛隊員が「大和くん」と声をかけると、「そうです」と答えたということで、6日ぶりに無事、保護されました。

警察などによりますと、男の子に目立ったけがはなく、ドクターヘリで病院に搬送されたということです。
警察は、身元の確認を急ぐとともに、行方不明になった経緯などを調べています。

市立函館病院によりますと、田野岡大和くんとみられる男の子は午前9時10分にドクターヘリで
病院の屋上に到着したということです。病院は今後、男の子の健康状態などを詳しく確認することにしています。
陸上自衛隊によりますと、3日午前7時50分ごろ、北海道鹿部町の駒ヶ岳演習場内に男の子がいるのを
隊員が見つけました。

男の子が見つかったのは、訓練の際、自衛隊員が寝泊まりする建物の中で、隊員が「やまとくん?」と声をかけると
「そうです」と答えたということです。この演習場は、男の子の行方が分からなくなった
七飯町の山林から北に4キロほど離れています。
発見された当時の状況について自衛隊員は「隊員が『もしかしたらやまとくん?』と声をかけたら
『そうです』と元気に受け答えをしていました」と話しています。また、男の子の様子については、
「おなかがすいているようだったので、隊員が持っていた水とおにぎりをあげました」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160603/k10010544801000.html


3 :禁断の名無しさん : 2016/06/05(日) 11:23:41 ID:79A9P+c60
「扉を開けたら目の前に」…おにぎりに表情和む
読売新聞:2016年06月04日 07時20分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160603-OYT1T50174.html?from=ytop_ylist

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20160603/20160603-OYT1I50052-L.jpg
*大和君が過ごしていた宿営施設イメージ

 「大和君」の呼びかけに、男児は大きくうなずいた――。

 北海道鹿部町の陸上自衛隊演習場の宿営施設で3日、行方不明から6日ぶりに見つかった田野岡大和君(7)。
両手足に軽い擦り傷を負った程度で命に別条はなかったが、発見現場は父親らと離れた地点から北東に直線距離でわずか5キロ。
捜索にあたった関係者の間に、反省の声が広がっている。

 「扉を開けたら、男の子が目の前にいた」。第28普通科連隊(函館市)の掛川勇一陸曹長(52)はこの日、報道陣の取材に、こう当時を振り返った。

 「おなかすいているかい」と聞くと、「うん」と答え、他の隊員が持っていたおにぎりを受け取った。
「右手におにぎり、左手にお茶を持って勢いよく食べていたので、喉を詰まらせるのではと心配になった」という。
さらに、「みんな怒っていないから、今日はおうちに帰ろうね」と話しかけると、大和君は「うん」と安心した表情を見せた。


4 :禁断の名無しさん : 2016/06/06(月) 23:32:47 ID:vtv8XpkI0
5年後「あの人は今」系の番組に出てほしい

パパもイケメンだし大和くんもさぞかし美味しそうに育っているだろう


5 :禁断の名無しさん : 2016/06/07(火) 21:28:38 ID:Zlinmuzg0
無事発見されて退院してテレビに出てきたけど、これを見るにつけつくづく去年の星野くんも無事に生きて ちらっとでも姿を見せて欲しかったと思う


6 :禁断の名無しさん : 2016/06/07(火) 21:40:55 ID:r1brA5ss0
田野岡大和君(7)は、父親から置き去りにされた際、
泣きじゃくって方向感覚を失い、父親の車を追いかけるつもりが反対の山側に進んでしまったと説明していることが5日分かった。

 入院先で面会した父親や関係者には、陸上自衛隊駒ケ岳演習場(鹿部町)内の施設で保護されるまで「誰かが必ず助けに来てくれる」と考え、水だけを飲んで待ち続けていたと話したという。

 一方、道警は5日、田野岡君が保護された3日に、両親を函館児童相談所に通告したと明らかにした。児相は両親や田野岡君から話を聴き、対応を判断する。

 道警は「児童虐待防止法で、虐待の疑いがあれば必ず通告することになっている。今回は林道に置き去りにした行為が心理的虐待に当たる疑いがあると判断した」と説明している。

 父親らによると、田野岡君は5月28日夕、七飯町の林道で車から降ろされて置き去りにされた後、泣きじゃくったため方向が分からなくなり、山を下る父親の車を追いかけたつもりが、反対側の山を登る道を進んだ。

 「山が怖い」と感じた田野岡君は山林の中には入らず、林道を歩き続け、演習場内の自衛隊員が寝泊まりする施設にたどり着いた。鍵が開いており「寒かったので、寝るために入った」という。

 「誰かが必ず助けに来てくれる」。行方不明になった自分を両親らが捜しているに違いないとの思いから、施設の中で待ち続け、6月3日朝に保護されるまで「誰にも会わず1人きり」だった。

 施設には石油ストーブがあったが、発電機を持ち込んで接続しないと動かない仕組みで「スイッチを入れたけれど動かなかった」。
施設の脇にある水道で水を飲むだけで、6日間何も食べず、22キロだった体重は保護された時、約2キロ減っていたという。

[ 2016年6月5日 21:36 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/06/05/kiji/K20160605012728520.html


7 :禁断の名無しさん : 2016/06/07(火) 21:41:29 ID:r1brA5ss0
田野岡大和くん(7)の父親・貴之さん(44)が大和くんとの対面後に会見し、
「この度は私の行き過ぎた行動で学校の関係者や捜索に当たってくださった皆様に
御迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げます」と時折、涙声になりながら頭を下げた。

「捜索に当たってくださったみなさまには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。本当に今日までありがとうございました。
これからは息子に対してもっともっと愛情を込めて、今まで以上に息子の成長を見守っていきたいと思います」

そう語った貴之さんは「息子にとてもつらい思いをさせて『お父さん本当にごめんな』とまず言いました。
で、息子は『ウン』とうなずいて『お父さん』と声をかけてくれました」と、やり取りを明かした。

連日の大規模な捜索でも手がかりがつかめず、2日に関係機関による合同捜索本部が解散。
一夜明けた3日の午前7時50分ごろ、大和くんは置き去り現場から約8キロ離れた陸上自衛隊駒ケ岳演習場(鹿部町)にある小屋で隊員に見つけられた。

9時すぎ、ヘリコプター搬送で函館市内の病院へ。病院関係者によると「軽度の脱水症状と低栄養状態で手足にすり傷があるが、会話もできるし元気ですよ。
今は栄養と水分の点滴をして経過をみている」という。

大和くんは姉と両親の一家4人で鹿部町の公園に出かけ、川遊びをした後に行方不明になった。
貴之さんは当初、山菜採りの最中にはぐれたと説明。
後に、公園で人や車に石を投げたことに対する「しつけ」の意味で林道に置き去りにし、5分後に戻ったらいなくなっていたと話していた。

貴之さんは、しつけで置き去りにしてしまったことに対しては「愛情を込めて育ててきました。
今回、確かにこのようなことになるとは思っておらず、本当に行き過ぎた行動だったと思う。
まさかこうなるとは思っていませんでした。私としては息子のために対応したんですけど、
やっぱり行き過ぎだったと思っています」と反省を込めて話した。

捜索が続けられたこの6日間を振り返って「毎日多くの方に捜索にご協力いただいていて、
かなりの広範囲を捜索しても見つからない状況で、なんとか息子が無事でいてくれるということだけを祈っておりました」と明かした。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/548574/


8 :禁断の名無しさん : 2016/06/07(火) 21:43:04 ID:r1brA5ss0
大和君が退院「野球したい」 手を振り笑顔
朝日新聞デジタル 6月7日(火)14時30分配信

 北海道七飯(ななえ)町の山中で行方不明になり、6日ぶりに保護された
北海道北斗市の小学2年、田野岡大和(やまと)君(7)が7日午後、北海道函館市の
病院から退院した。ファンのプロ野球・北海道日本ハムファイターズの野球帽をかぶった
大和君は手を振りながら笑顔を見せ、「いま何がしたい?」と記者団に問われると、
「野球です」と答えた。また、体調については「大丈夫です」と話した。医師らに見送られて
車で親類宅に向かった。大和君は保護された3日から入院していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160607-00000028-asahi-soci


9 :禁断の名無しさん : 2016/06/07(火) 21:44:14 ID:r1brA5ss0
■「約1週間も山の中で1人」
 見つかったのは6月3日7時50分。場所は七飯町の隣、鹿部町にある陸上自衛隊駒ヶ岳演習場内。
同日放送の「スッキリ!」(日本テレビ系)などによると、演習場には柵があって大人は入れないが、
子どもならくぐれて入れてしまう。敷地は広大で小屋などもある。演習場はこれまで捜索されていない場所だったという。

 捜索が長期化し、6月2日夜には合同捜査本部を解散し、3日からは規模を縮小して捜索する予定だった。
目立ったけがはなく、1人で歩けている。ドクターヘリで搬送され、9時10分頃に市立函館病院に到着した。
病院は健康状態を詳しく確認する。1人で歩いて演習場にたどり着き、蛇口から水を飲んでいた、と話したとする情報もある。

 警察は男児の身元の確認を急ぐとともに、行方不明になった経緯について調べを進めている。

 男児無事保護の一報が伝わると、民放テレビ各局は現地の生中継に切り替わり、随時最新情報を伝える態勢に入った。

 ネット上でも盛り上がりを見せた。「無事見つかってよかった」と安堵する声が多い一方、
小学生が約1週間も不明にもかかわらず、1人で歩いたり喋ったりすることができるほど元気な状況にあることで、
「一人でいたとしたらすさまじいサバイバル能力だな」「北海道の行方不明男児のスペック、一体何者なんだ...」
「約1週間も山の中で1人で過ごし、そのうえ雨が降ったりした中、自衛隊員に見つからず自ら自衛隊施設に
たどり着いた北海道の行方不明男児、冷静に考えてもヤバイ」と、不思議に思う声も多数出ている。

J-CASTニュース 6月3日(金)10時28分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160603-00000000-jct-soci


10 :禁断の名無しさん : 2016/06/07(火) 21:48:32 ID:r1brA5ss0
◆大和くん奇跡の生還生んだ体力と知力

“わんぱく少年”ならではの体力と知力が「奇跡の生還」に結びついた――。
北海道七飯町の山中で“しつけ”のため置き去りにされ行方不明になっていた小学2年生の田野岡大和くん(7)が、3日午前に無事保護されたことは本紙昨報通り。
置き去り現場から北東に直線距離で5〜6キロ離れた地点にある鹿部町の陸上自衛隊駒ケ岳演習場の廠舎(しょうしゃ)に大和くんはいた。
驚異の生命力に称賛が上がる一方で、子供に簡単に“突破”された自衛隊施設に不安の声も出ている。舞台裏に迫った。

行方不明になった先月28日夜のうちに、大和くんは上り坂を歩いて自衛隊の廠舎にたどり着いた。
直線では5〜6キロだが、道なりでは約10キロにもおよぶ。
廠舎は築30年以上のトタン屋根のかまぼこ形建物で、普段は訓練隊の寝泊まりや作戦会議に使われるという。

廠舎に2つあるドアの片方は施錠されていなかった。
中は広く、隊員らが就寝に使うマットが四隅に積み上げられているほか、中央にストーブもあるが発電機なしでは使用できず、大和くんは電気もつかずに真っ暗で寒い廠舎の中で、マットとマットの間で身をかがめ暖をとっていた。

3日午前7時40分ごろ、訓練部隊が廠舎のドアを開錠すると、大和くんが立っていたという。
隊員が「もしかして大和くん?」と声をかけると「うん」とうなずき「おなかがすいた」というので隊員がおにぎり2つと水を差し出すとその場ですぐに食べたという。
搬送先の病院によると「大和くんは軽い脱水症状と低栄養状態だったが体調に問題はない」という。

なぜ大和くんは廠舎にたどり着き、さほど衰弱せずにいられたのか?
元自衛官で自衛隊を舞台にしたミステリー小説「深山の桜」の著がある作家の神家正成氏は「射撃訓練場などと違い、戦闘訓練を行う演習場は地べたさえあればよく廠舎内に重要なものは置いていない。
普段無人で広大な敷地の管理に人員を割けないため、演習場には比較的入りやすいかもしれません。
裏を返せば何もない所で、低体温症にならないようにマットを地面に敷いたり水の確保ができたことは評価できる」と言う。

自衛隊員によると「夜になると、廠舎から遠くにホテルの明かりが見える」。
昼間なら10キロを歩いた大和くんにとって歩けない距離ではなさそうだ。
しかし、この1週間、雨天続きのうえ、冷え込んだため、無理に出歩かなかったことも幸いしたかもしれない。


11 :禁断の名無しさん : 2016/06/07(火) 21:48:45 ID:r1brA5ss0
国立病院機構災害医療センターの小井土雄一救命救急センター長は「水があったのと雨風をしのぐことができたのは大きなポイント」と言い「個人差はあるものの7歳という年齢は、ぎりぎり皮膚やエネルギーの備蓄庫である筋肉、皮下脂肪など体が出来上がる時期だ」と指摘。
食べ物がなくても水分があれば1週間程度の生存は可能とみられる。

置き去り場所から動かないのがベストだったが、移動してしまった中では最善の行動を取っていたのだ。
大和くんを知る保護者は「卓球で145回もラリーが続いて表彰されたこともあり、ずぬけた持久力がある。
ダンスや野球、サッカーも得意で体力があり余っている感じ。
また、できる子の答案の名前だけ消して自分の名前を書いて提出しちゃうような“ちゃっかり屋”だけど、思わぬ方法で高得点を取る発想力もある」と指摘。わんぱく少年ならではの体力と知恵が生存の大きなカギとなったのかもしれない。

演習場は不定期の訓練や月に1回程度の点検で隊員が訪れるだけで、2〜3か月の間誰も来ないこともあるという。
行方不明になってから2日後には、5分ほどの点検で隊員が廠舎内に入っていたが異変に気が付かなかった。
短期間に隊員が再び廠舎を訪れ発見されたのは奇跡的ともいえる。

一方で子供に簡単に“侵入”を許した自衛隊施設に不安の声も上がるが、前出の神家氏は「富士山の裾野にある東富士演習場などは敷地内に県道が走っていて登山道にもなっている。
また山菜採りの市民などが入ってくることもあるので、実弾訓練を行う時などに市民が入って来てけがをしないように、むしろ訓練の時には見張りをして管理を徹底している」という。

東スポ 2016年6月5日(日)
:http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/548854/


12 :禁断の名無しさん : 2016/06/10(金) 02:19:29 ID:sJN8Ewp60
https://www.youtube.com/watch?v=X3plY0rK1B4

可愛い!


13 :禁断の名無しさん : 2016/06/10(金) 08:45:13 ID:mzDoLbHo0
いけるわ


14 :禁断の名無しさん : 2016/06/14(火) 09:12:30 ID:pEkhA66s0
池原あゆみさんが来ると面白いんだけどね。


15 :禁断の名無しさん : 2016/06/15(水) 21:47:32 ID:bN1qKlUsI
ユニビかそってるやん笑
久々に来たけど、なんか寂しい


16 :禁断の名無しさん : 2016/06/15(水) 22:33:54 ID:EZcugvDg0
もうないと思ってるんだろ


17 :禁断の名無しさん : 2016/06/18(土) 15:41:16 ID:owNptONU0
とっくに学校に戻り、日常生活を送ってるのだろうね


18 :禁断の名無しさん : 2016/08/01(月) 15:43:52 ID:El1YPhH+I
濃い顔だな
東南アジア系統


19 :禁断の名無しさん : 2016/08/10(水) 04:01:43 ID:Y+n64CFY0
犯罪者でもないのにむしろこの親が悪いのに犯罪者扱いされていて可哀そう
海外の反応と化でも見つかる前までは同情されていたのに見つかったとたん
コイツはおかしいだのバケモノだのと手のひら返しで叩かれ出したし
あの女の子にせよ同じような反応で呆れたわ
片や虐待、片や誘拐の被害者なのに


20 :禁断の名無しさん : 2016/08/19(金) 14:01:10 ID:nqmJ4zHo0
「Yくんは元気だよ。毎日ラジオ体操に行ってるし、一緒に小学校に通ってるから。何も変わらなく前と同じだよ」(近所の遊び友達)

今年5月下旬、父親にしつけのためと北海道駒ヶ岳麓に置き去りにされ、6日後に発見された小学2年生のYくん(発見当時・7)。
現場から20キロほどの場所にある一戸建てで、一家は住んでいる。

「救出後『野球がやりたい』と言っていたYくんですが、
その言葉どおり野球をしたりサッカーをしたり、事件なんかなかったかのようにすっかり元気ですね」(近所の住人)

7月下旬、本誌記者が訪れると、ちょうど父親が自家用車を運転して帰ってきた。母親と姉、Yくんと家族4人で出かけた後、帰ってきたようだ。

後部座席に乗っていた彼は、とても元気そう。
助手席からいち早く降りて来た母親は、家族全員に目を配りながら、てきぱきと荷物を運び出している。

 母親とは対照的にテレビで何度も見た運転席の父親は、どこか意気消沈して元気がなく、落ち込んでいるように見えた。

 母親は夫に「それは家の中にね。そっちは降ろさなくていいよ」と指示を出している。  
素直に従って動く父親を見ると、事件後、気丈にも母親が一家の大黒柱として家族を支えているようだった。

http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/crime/25098


21 :禁断の名無しさん : 2016/10/12(水) 23:06:31 ID:TWbg5RZQI
日ハム応援してんのかなー


15 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.php ver2.4 2005/04/13